主張と政策

政策 その2 -「賢い支出」で未来へ投資! 消費増税凍結!

自民党政権は、国民から集めたお金を適切につかっているのでしょうか?

消費税が導入され29年。増税時の約束は守られていません。予算を決める政治家を変えることで、政策の財源は作り出せます。

例えば、国が使途を決める「補助金」を、地方の裁量で使える「交付金」に変え、効果的な事業を行うことができます。
口先だけの「身を切る改革」で、大阪で不祥事を多発させている地方議員の「政務活動費」の問題も議員立法で正すことができます。

※画像クリックでPDFがご覧になれます。

財源について